-

数年来どの自動車保険会社も値段引き上げを行っています。保険が料金を値上げするという事態が起きると、じかに一般市民の台所事情にとても甚大なインパクトを与えます。しかし、なぜ保険が料金釣り上げを実施されるという事態になっていると考えられるでしょうか。そのことの理由としてよく言われるものは大きく捉えて2つあるので、ご紹介します。一つ目は、老齢の運転手が次第に数を伸ばしているからです。マイカーを所有しているのがごく当たり前の社会になってしまった故、老年期の自動車ドライバーも増えています。そして日本は超高齢化社会に移行しつつあるというようなこともあるため以降ますますお歳を召した乗用車所持者が大きく数を伸ばしていく傾向なのは間違いありません。お年寄りの場合は、一般的に言って掛け金が低廉に設定されているので自動車損害保険会社にとっては、メリットがあるとは言えません。どうしてかと言うと、月々の掛金が低いのにトラブルを処理する場合コスト的に割高な補償を支払わないとならないという事情があるからです。このようなケースでは損をするリスクが上がるため自動車保険会社は掛金を高値にしていく他に手がありません。そして、二番目の原因として考えられる事は、比較的若い世代の乗用車所有に対する興味のなさです。老年期のドライバーは増えている傾向にありますがそれとは裏腹に若年世代は自動車に憧憬を抱かなくなってきたのです。裏側には何があるかと言うと公共交通機関の発展と彼らの経済事情に関わる問題です。盤石な職場に身を落ち着けることが困難な若い世代が数多く存在することから乗用車を購入することができないという人も相当数いると考えられます。以前の常識であれば、車を所持している事がステータスだという社会通念がありましたが長年の不況も影響してか乗用車の所有がステータスなどとはとても断言できなくなってきたと考えられます。こういった訳で掛金が老年期に比べて採算の合わない額の若年者の契約数が少なくなっているのが今の傾向です。このような複数の事情が理由となって、自動車保険会社も値段つり上げに及ばざるを得ないのだと考察できます。

Category

リンク