-

車の事故があった場面で自分が自動車の事故の被害者のケースでも向こう側が過ちを全く受け入れないという事例は多く存在します。例をあげれば、わざと起こってしまったのではなく注意散漫で車を追突した場面などに、そういった口論につながってしまうケースがあります。とは言って事故現場で車のみの「物損」対応され何ヶ月か後に異常が出た際に、診てもらった病院の診断書を警察署に提出するのでは対応が遅れる感じはしょうがなくなってしまいます。そうであるならば、自動車の事故の過失割合の取り決めにはどういう目処が存在するのでしょうか。厳密に言うと、警察署が認定するのは、核として自動車事故の大きなミスが存在するのは関係したドライバーのどちらかという責任の所在であり、「過失割合」というわけではないのです。また、最終的に決められた事故の責任者が明らかにされる事は事態は有り得ません。そんな訳で、割合は両者のやり取りの結果で決定されそれが損害賠償の算定のベースになる訳です。その場合に、両者共に車の任意保険に加入していなかった場合は、互いがダイレクトに協議しなければなりません。しかしながら、当然そういった話し合いでは、非理性的な押し問答になる場面が高いです。この上、お互いの意見が食い違えば最悪の場合、係争にもつれ込みますが、これでは時間と裁判にかかるコスト甚大な損となります。ですから普通はお互いの事故当事者に付く保険の会社、そのお互いの保険会社に交渉を全て任せる手段で、適切な過失の割合を丁寧に確定させるのです。その際には、保険の会社は、それまでに起こった自動車での事故の係争の結論から出された認められた基準、判例集等をたたき台として推測と交渉によって「過失割合」を決定します。と言いつつも、自動車での事故の際には、遭ったのか巻き込んでしまったのかには関係なくとりあえず110番するのがルールです。その上で自動車保険の会社に連絡を取り、以後の交渉を任せるのが順序となります。ちゃんとした順番さえ理解しておれば、互いの無駄な交渉となる状況を回避できるに違いないのです。

Category

リンク