-

車の事故が起きた場面で自分自身が車の事故の被害者であるにもかかわらず、事故を起こした人がミスをちっとも受け入れないケースはかなりみられます。一例として、わざと起こしてしまったのと違い注意不足で相手の自動車をぶつけられたケースでそうした押し問答にうつってしまうケースがあるのです。だからと言って、現場で車だけの物損片付けられて、何ヶ月か後に体の痛みが現れた際に、診てもらった病院の医師に作成してもらった診断書警察署に出すというのは対処が遅れるというのは仕方がなくなります。それでは、自動車事故の過失割合の結論にはどういう風な目安が決められているのでしょうか。しっかりと申しますと警察が決めるのは車での事故の大きな手落ちが存在するのはどちらかという責任の所在であり過失の割合ということではありません。まして、最終的に明確にされた事故の過失者が警察からはっきりする事は状況はありません。ですので、「過失割合」は両者のやり取りの結果で決定され、この事が賠償の算定の根拠になる訳です。この際に、両方が任意で加入できる保険に加入をしていなかった場面では、当事者同士がダイレクトに相談します。ところが、当然の事ながらこの方法では、非理性的なやり取りになるケースが高いです。その上、主張に相違があれば最悪の場合、裁判所にまではまり込む、それは長い年月と費用のかなり大きな損となってしまいます。それによりほとんどお互いの当人についている保険会社、こういった双方の保険会社にやり取りを頼むやり方を使って、相応しいどちらに何割過失があるのかを客観的に決めさせるのです。そういった時、自動車の保険会社は、以前の車での事故の訴訟の判決から決められた基準、判例タイムズなどを元に、想定とやり取りをして割合を決定します。とは言え、自動車の事故の場合では、遭遇したのか他者を巻き込んでしまったのかを考える前に、まず警察に電話するのがルールです。その上で、自動車保険会社に電話をして調整をお願いするのが順番となります。ちゃんとした順番さえ分かっていれば、互いの建設的でない水掛け論となる状態を回避できます。

Category

リンク